よろこびの前進 本文へジャンプ
地方講師会活動方針


2019年度 東京第一教区・地方講師会運動方針

2019年度、東京第一教区地方講師会は、以下の 「◆基本的な考え方」
ならびに 「◆具体的取り組み」 のもと、各種運動を展開する。

◆基本的な考え方

(1)教義の正しい宣布と後継者の発掘と育成をはかる。
(2)各種誌友会、母親教室および見真会等に適切な講師派遣を行う。
(3)「地方講師・光明実践委員試験」への新規受験者・昇格者受験者および昇格者の増加に努める。
(4)地方講師・光明実践委員相互の意思疎通を大切にし、講師活動を活性化する。
(5)2020年3月15日(日)に開催の「生長の家講習会」を大成功へと導く。

◆具体的取り組み
───────────────────────────
1.“新しい文明”の基礎をつくるために
───────────────────────────

(1) 地方講師・光明実践委員は“神・自然・人間は本来一体である”という真理を広く人類に伝え、それを一人一人の生活に表現し、新たなライフスタイルとして広く人類に伝えるとともに後継者の発掘と育成をはかる。

@ 唯一絶対神への信仰が教えの中心であることを明確に意識すると共に、『ムスビの概念の普遍性を学ぶ:2018年“森の中のオフィス”における世界平和のための生長の家の国際教修会論文集』を熟読し、自然界の“ムスビの働き”に注目して、自他一体の意識の拡大による平和と豊かさを地上に持ち来すため、神道形式になじみのある家庭では、生活の中で“造化の三神”をお祀りして、「神・自然・人間は本来一体である」意識を深め、自然と一体の自覚を生活に表現していく。また、その意義を誌友会等などの行事を通して参加者に伝える。

A 自ら三正行(神想観、聖経と讃歌の読誦・聖典等の拝読、愛行)と「日時計主義」を実践し、『日時計日記』(谷口純子先生監修)を積極的に活用する。

B 御教えの実践的展開の場として、教区で開催される「自然の恵みフェスタ」やプロジェクト型組織(PBS)の繋がりを深め、地域に根差した運動を充実させる。

C 個人の特性や趣味、得意分野を生かしてプロジェクト型組織(PBS)の活動に積極的に参加する。そして、信仰と愛の表現の場である、家庭や学校、地域において「ノーミート、低炭素の食生活」「省資源、低炭素の生活法」「自然重視、低炭素の表現活動」を実践し、生長の御教えを伝える。

D プロジェクト型組織(PBS)のメンバーである場合は、居住する地域の特徴を生かしたミニイベントを積極的に開催する。また、居住地域の他のPBSメンバーミニイベントを開催する場合、自ら参加するほか、誌友会等の出講の場で参加を促すなどして、地域の人々との交流を広げるよう取り組む。そして、ミニイベントで得た知識・体験を生かして、教区練成会や従来型の組織が開催する「技能や芸術的感覚を生かした誌友会」や「壮年誌友会」などにおいて、信仰と生活が一致した、倫理的な生き方を伝える。

E 教区で開催される「生長の家 自然の恵みフェスタ」の企画・運営に積極的に携わり、意識のレベルを高め、講習会をはじめ各種行事での新人参加者をフェスタに誘うようにする。また、“自然と共に伸びる”生き方を拡大していくとともに、誌友会等の出講の場でその意義を参加者に伝え、参加を促す。

(2)総裁・谷口雅宣先生、白鳩会総裁・谷口純子先生ご指導の講習会の推進に率先して取り組む。また、講習会の事後対策として、講習会初参加者や新人、壮年世代に対して、実相を礼拝し、祝福しながら丁寧にお世話活動を継続し、講演会等、相手にふさわしい行事へと案内し、普及誌購読者、聖使命会員へと導く。さらに、それらの人々が生活の中で三正行を実践できるよう、見真会や教区練成会に案内するなどして丁寧に指導する。

(3)「脱原発」と「地球温暖化」を実現する目的で行っている自然エネルギーの一環として、大分県別府市に建設する地熱発電の意義を誌友会等の出講の場で参加者に伝え、2018年4月より、同発電所を対象として継続する「生長の家自然エネルギー拡大募金」をすすめる。

(4)地方講師会行事における研鑽
 時局の変化に即して、生長の家の御教えを正しく伝えるため、総裁・谷口雅宣先生、白鳩会総裁・谷口純子先生のご著書、ブログ、ブックレットや機関誌などを熟読するとともに、地方講師・光明実践委員研修会および各種勉強会に積極的に参加して今の教えを学び、教化・指導力を高める。

───────────────────────────
2.“質の高い組織運動”の実現
───────────────────────────

(1)誌友会、母親教室および見真会等に適切な講師派遣を行う。
  @ 各組織との連携を密にして、下記の誌友会等に適切な講師派遣を行う。
    о「教義の学習に重点を置いた誌友会」
    о「技能や芸術的感覚を生かした誌友会」
    о「母親教室」
    о「壮年の誌友会」
    о「シニア・桃の実の集い」
    о「家族で参加できる誌友会」

A 誌友会の出講の際は、開催者と調整して以下の4項目を行う
    о聖使命菩薩讃偈の一斉読誦
    о生長の家信徒行持要目の朗誦
    о生長の家総裁・谷口雅宣先生、白鳩会総裁・谷口純子先生の普及誌等のご文章
     を用いた講話を組み込む
    оブックレットを用いた講話を組み込む

B 毎月、「講師派遣委員会」を開催する。


(2)各種行事の運営に積極的に参加し、参加者の増加をはかる。
 
 @ 神性開発・大東京練成会、先祖供養祭、お父さん・お母さんのための練成会/見真会および各種青少年練成会/見真会の開催に協力し、参加促進を行う。

 A 生命学園の充実と増設に協力し、運営や推進に積極的に携わる。

(3)「地方講師・光明実践委員試験」への新規受験者・昇格受験者および昇格者の増加に努める。状況に応じて年度計画に決めた勉強会に加えて地方講師会長・副会長が指導する臨時受験勉強会も開催する。、
  
〈新規受験者/昇格者受験者/昇格者目標数〉
教    務 ・・・ 5名
準  教  務(今年度は試験実施せず)
昇    格(教化員/無試験) ・・・ 10名
講  師  補 ・・・ 10名
光明実践委員 ・・・ 5名
                                        


(4)地方講師・光明実践委員の連携を密にして、講師活動を活性化する。
  @ 東京第一教化部会館において「推進部員会議」を隔月開催する。
  A 東京第一教化部会館において「地方講師連絡会」を隔月開催する。
(5)2020年3月15日(日)に開催される 「生長の家講習会」を積極的に
推進し大成功へと導く。

───────────────────────────
3.各種主要行事
───────────────────────────


(1) 「地方講師・光明実践委員研修会」 1〜12月(12回)
(2) 「母親教室出講講師勉強会」(白鳩会共催) 1〜12月(12回)
(3) 「出講講師勉強会」 1〜11月(10回)
(4) 「新任講師勉強会」 翌年1月(1回)
(5) 「受験勉強会」(新規・昇格) 5〜8月(4回)
(6) 「地方講師・光明実践委員試験」(予定) 10月6日(日)
(7) 「光明実践委員勉強会」(光明実践委員会共催) 1〜12月(2回)
(8) 「日曜誌友会」(原則毎月2回) 1〜12月

                                       以上